無料 について考える[製本] - 雑記

スポンサーリンク

   

無料 について考える[製本] [edit]


耳痛かったの、おたふく風邪じゃなくて、外耳炎と診断されました、シグレです!


こんばんは、今日は同人に詳しい方なら分かる無料配布本とか無料配布、無配についてグダグダと書いていこうと思います←しゃっきり書け

僕も以前、何処かで言ったか、書いたかした気がするんですけどサイト(ホームページ)最盛期の頃に無料のホームページサーバーや有料サーバー(月々いくらとか掛かるタイプ)などを借りて、趣味のサイトを作ってた方もいると思います。
携帯サーバーも出来てきて、FFTPとかを使わなくても簡単にサイトが付くれたり、blogサービスが増え、更に気軽にサイト(と呼んでいいのかは各人の感性ですが)を作る事が出来ました。

今ではそのサイトも衰退して、『tumbler』とか『Twitter』、『pixiv』なんかが今は主流ですかね?
最近『かべうち』とか『ぽいぴく』とかも流行っていますが。そういった発信、発表の場を設けてその作品が好きな人に見てもらえるというのがコミュニケーションに繋がって行ったりします(コミュ障の僕が言うのはアレですけどね)

で、通信料(サイトにアクセスする際にかかる料金)以外は、無料で見れますから、勿論描書いている人はプロじゃない人が殆どでしょう、そんな中見つけた素敵な作品。
それを本って形にしようと思った場合。悩むのが、今まで普通にアクセスさえすれば見れてた作品に値を付けて出すことに抵抗が少しある事があります。
しかし、ネットでは無料でも形として手元に置いておけるというのを考えれば、無料と言う訳にも行きません。
印刷料がかかります。紙、インク、作品の長さなど、小説に関しては表紙を付けていたという方もいると思いますが、僕はつけてないタイプでしたので、もし本にするなら表紙が必要です。
その表紙の料金、人に頼むのであればなおさらです。自分で描くにしてもその分の労力がありますし、カラーならインク代も更にかかります。

別に「買ってね」とは言わないですし、欲しい人だけどうぞという形だったり、新しい物語にページ数が足りない、それならweb再録って事で入れちゃおうかという考え方もおそらく出来ると思います。
僕も、既にサイトに……サイトだったかな(。´・ω・)? に上げた作品を出来たら製本したいなと思ってます。勿論買ってくれとは言う気は全くないです。部数も少ない予定です。精々少なくても10部からって所が多いでしょう、そこで見積もってと考えて行きます。

ウェブに載せてた物でも、欲しい人は欲しいと手を伸ばしてくれると思います。
僕もおそらくそういうのを購入していると思うので。

まだサイトにもどこにも、まだ頭の中にしかない物語をプラスして出そうと思っているとして、仮にこれに500円と値段を付けて見ましょう。
例えばサイトに掲載した小説3つと新しい物語1つとして、恐らく無料で見せろというタイプの方には500円は高いと思うでしょう。
新しい物語に500円の価値があるのかという風に考える人もいると思います、元々前者はウェブで見れるものとするので。
前記した紙とかの値段部数によりますが、それで考えて値段を付けるので、ギリギリ赤字にならなないように付ける人もいれば少し上乗せする人、ぼったくり的価格を乗せる人まで、それは作り手の自由なので、勿論それを買うのも買い手の自由です。

それを高いと思えば諦めればいいだけの話。諦めきれないのであれば、どうにか考えて来月の本を買うのを諦めるとか、バイトしてその分取り戻すとか、どうにかなる!と自分に賭けるかなど、選択肢は如何様にもあるので。

決めるのは自分自身です。
ただ、売り手に「高い」、「もっと安くしろ」を言うのは最低です。
「高い」「もう少し安ければな」を思うのは自由です。思ってるだけなので、誰にも迷惑は掛かっていません。

僕は元々無料で見せてくれていたものを本として製本して出すのは構わないタイプです。
最近、ハンドメイド系でもよくみられるので、正直こういう人もいるんだなと思います。

高いと思うなら買わなければいい。原価が安いかはその人によるもの。
高い所から買ってるかもしれないし、本当に安いかもしれないし。
ただ、その作品はその人しか作れないものですから。
安くしろ言う前に自分で作ってみればいいんです。誰にでも作れそう、と思ってるなら似たような材料を買ってきて、見様見真似で作ってみて自分でも作れたならそれでいいじゃないですか、で解決するんです。
だって作れたならわざわざ買わなくていいじゃないですか?

作り手の時間と作業、原価、思いなど込の値段だと思ってほしいものです。

0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment